FC2ブログ
マメとまききの日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれた
2011年11月19日 (土) | 編集 |
破水以降のご報告です。

夕食も食べかけのまま、とりあえず夜用33センチ(笑)をあててタクシーで病院へ。
後で羊水の量を見て気付いたんだけど、ドバドバ破水の場合は紙おむつレベル推奨(-_-;)
ギリギリ病院までお漏らしせずたどり着いた。

破水したら歩行禁止らしく(臍の緒がズルズル出てしまう場合があるらしい)受付をした瞬間に捕獲され、そこからは完全車椅子生活。

内診。
陣痛と言うか張る気配も無いのに5センチも開いていた!!
張りもしないと言っても「気付かないで来てるかも!これだけ破水して、更に開いているのですぐに陣痛来そうですね!」と分娩室へ。

1時間のNSTの結果、もちろん1回も張ること無く「本当に何もないねー」と感動され(予定日間近なら陣痛と関係なく普通1回くらいは張る)病室へ。
感染症の恐れがあるのでもう帰れない。
大人しく陣痛待ち。

23時。
東京からダンナちゃんが駆け付けるも「今夜は無さそうです、明日の朝来られては?」と帰らされる(笑)

日付変わって17日0時半。
抗生剤の点滴に来た看護師さんに「強く痛んだり、10分毎とか定期的に張るようならすぐにナースコールしてくださいね!」と指示を受ける。

1時頃。
何となく嫌な予感がして(動悸と体感温度が変化したのでホルモンバランスが変わった気がした)ダンナちゃんに気が向いたら病院で朝まで時間を潰すよう提案。
お腹が空く…朝ごはんを食べ損ねるだろうなあ…と予想してひたすらブルーになる(-_-;)

1時半頃。
何だかお腹がいきなり超痛くなる。

1時45分頃。
今度は小さい痛みが来たので(痛み出してからは動きたくない…二人目は手抜き(笑))早目にナースコール。
このコール記録を陣痛開始時間に設定されることになる。

手抜きなので即分娩室へ案内され、陣痛じゃなかったらどうしよう…と、内心たじろぐ(笑)。
あれよあれよと言う間に談話室に待機していたダンナちゃんも呼びつけられる。
「あーこれはすぐやわ!ちょっとでもいきみたくなったらすぐに呼んでね!!」とベテラン助産婦さんに釘を刺される…といきなり痛く!!

続く。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。