FC2ブログ
マメとまききの日記。
かずくんとランチ
2010年03月31日 (水) | 編集 |
久々に…半年ぶりくらいに、マメ連れでかずくんちに行ってきた。
一人一体ぬいぐるみを抱えて二人で走りまわっていた(-_-;)
ランチの時は無言。
必死で口に掻き込む。
食後は眠くてふらふら。

…とここまでは計画通り。

しかーし、家に連れ帰った途端、目が冴えて大騒ぎ。
ゆっくり寝てる間に用事を済ませちゃおうと思って頑張ったのに、午前中の苦労が台なし。。。
スポンサーサイト



最後の術後検診 手術後3週間
2010年03月26日 (金) | 編集 |
寒い雨の中、行って来た。
今回は問題なく終了。
お風呂にも入っていいって~♪
寒かったよぉ。

「卵胞も育ってきているから」カレンダーを指差して「この辺りに生理が来ると思います」と宣言された後、「後は、愛があればすぐにできますよ~きっと。」と言われて苦笑。
えええー、愛の問題?
マジ?先生相変わらずちょっとブラックだね~。
と思いつつ、おばさん風おじさん先生に「次は、次の子が出来たら来てくださいねぇ」と言われて帰って来た。

でもさぁ、産科、婦人科の先生ってどうしておばさん風の男の先生が多いんだろう。
1院に必ず一人はいるよね、更に開業医のオバサン率になると超高いよね。
そう思うのは私だけかしら。。。
カズくんママの主治医も、おばさんだと思ってよく見たらおじさんで、なんだかショックだった(笑)
また雨だぁ
2010年03月25日 (木) | 編集 |
今日も雨。いい加減にしてほしい。
洗濯物が。。。というのもあるけど、送り迎えが大変。

いつもは自転車で5分かからない。
大人の足で歩いても5分程。
その距離を、雨の日は歩くことにしている。マメと。

最速25分。
最遅45分!!

水たまりを見つければ、必ず入る。
屋根からのしずくも必ずチェック。隙あらば口を開けて飲むorz
空から降ってくる雨水も、隙あらば天を仰いで飲む。
川の鯉に何度も何度も挨拶。
バケツは、遅々として歩みの進まない私のことが可哀想になったお店の人が気がついて片付けてくれる程に覗きまくる。
側溝の網状の蓋も必ず覗き込み、水の流れ込み具合を確認。
布団屋さんのアンパンマンの枕カバーに話しかけ、ミシン屋さんに猫がいないことを確認する。
スーパーの焼き芋の前で「買う~」とごねる。
クロネコヤマトの看板をヨシヨシし、途中のお好み焼き屋さんのオヤジさんに愛嬌を振りまく。
信号では、赤の間は大人しく待ち、青になると逆走する。
平均3回くらい青を逃す。
ポストにタッチして、自販機で「お茶買う~」とごね、薬局の白い鯉(本物)を延々と眺める。
・・・。
もろもろあって、保育園到着。
が、園庭の水たまりを全制覇してから教室へ。

お部屋に入ってずぶ濡れの服を即お着替え。
帰りはこの逆。
めんどくさすぎる。

マメ、歩くのが嫌いでちっとも歩かない。
先週までは「疲れた~ダッコ~」と泣き叫んでいたが、どうしても聞き入れられないことがやっと分かったらしく、今週はボチボチ歩くようになった。
雨の日にほとんど転ばなくなったのが何より有り難い。
よかった、よかった。
宅配便
2010年03月24日 (水) | 編集 |
ウチはよくネット買いをする。
ダンナちゃんの趣味の品から家電製品、食品までいろいろと。
従って良く宅配便のおじちゃんやらお姉さんが来る。

この人たちすごいんだよ。
商売柄、住人の生活を把握しているんだよ、ほんと驚く。

私はマメのお迎えに行った後の5時半頃には、必ず家にいる。
それを知っているクロネコのおじさんは、必ずこの時間にやってくる。
佐川のお姉さんも。
なんならゆうパックのお兄さんも。

宅配業者がバッティングすると、一列並ばれる。
恥ずかしい上、浮気を見つかったみたいでなんだか気まずい。

Amazonさん、一括配送って指定したのに、「分割配送になりました」って勝手に分けるのやめてくれる?
バッティングするリスクが増える上、佐川のおねぇさんに「今日は3個ですね」って言われて思わず「すみません」とか言っちゃうから(汗)
ホームベーカリー作戦その後の5種
2010年03月23日 (火) | 編集 |
いろいろ焼いてみた。

白ごまと全粒粉のパン
ライ麦食パン
ショコラバナーヌ
ミルクハース(ふわふわミルク食パン)
レーズン食パン

3連休で食い過ぎ(汗)
当然食べきれず、冷凍したり実家にお裾分けしたり。
全部おいしかったが、ほんのりラムの香りとフワモチ食感、しっかりした味わいのレーズン食パンが一番おいしかった。
その次は白ごまと全粒粉かな。何にでも合う感じ。

朝焼きたてを食べるのはやめた。
第一に、夜焼いて朝食べた方がおいしい(笑)
第二に、マメがパンを焼く香ばしい香りで夜明け前に起きる。

レシピはまだまだある。
今日は何を焼くかな~。それとも冷凍を食べようかな♪
じーちゃん発見!
2010年03月22日 (月) | 編集 |
黄砂と風のすごかった日曜日。
自作のライ麦食パンで作ったサンドイッチを持って、道の駅併設の公園へ行った。

理由は、朝ご飯を食べ終えたマメ、早朝6時半からサンドイッチを食べたいと大騒ぎしたから。
雨の天気予報にもかかわらず、雨降らなかったし。
他にすること何にも無いし。
家でサンドイッチってのもちょっとねぇ。

その公園は、マメが1歳の頃によく行った児童施設で配布していた「公園情報」の紙に書かれていたところ。
もちろん初めて行った。

にもかかわらず、着いたら先にじーちゃん(実父)がいた!
ええええええええーーーーー。
(本当は道の駅に用事があって来ていたらしい)

長~い滑り台を「マメパンマン!」と言いながら、両手を伸ばして頭から弾丸のように滑り降り、滑り台の最後では止まりきれずに物凄いスピードで吹っ飛んで行く。
地面に激突する寸前、じーちゃんによって空中でキャッチされる・・・と言う遊びが気に入って、じーちゃんをビビらせまくってやった。
オスワリの姿勢→マメパンマンの体勢に滑りながら移行して、油断したじーちゃんを焦らせたりもしてやった。
キャッチに失敗したら、確実に顔面殴打+顔面擦り傷だらけになる。
だって、滑り台の先は砂場ではなく土と木でできたゆるやかな階段(爆)
じーちゃんのプレッシャーも並ではなかっただろう。

風が強かったので、温室の中でサンドイッチを食べた。
具沢山で気合いの入ったのを作ったのに、ウマかったらしく一瞬で食べ尽くされた(涙)
なんかさー、1時間かけて作った物が10分で食べられてしまうと切ないねぇ。
残ったらもっと切ないけど、けど~。
チーズととうもろこしとパプリカのパン
2010年03月18日 (木) | 編集 |
早速タイマーで作った。
パルメザンチーズとトウモロコシ入りのパンの焼ける香ばしい香りに誘われて、焼いている途中からマメが起床。

マメ「かーちゃん、いい臭いする!」
まきき「まだ焼いてるとこ。6時半まで寝てよ~」
マメ「朝ですよ~。(ふすま、カーテンを開けてまわる)」
まきき「あと30分かかるねんで、起きても食べられへんて!」
マメ「お腹空いたーーーーーっ!!」

結局6時になるかならないかに起床。
ひたすら「食べたい」コールを受けつつ、焼けるのを待つ。

粗熱が取れるのを待つ間もなく、新しいブレッドナイフで切ってみると、レシピ本とまったく同じ見た目のパンが焼けていた(笑)
オススメの食べ方通り、チーズを乗せて軽くトースト。
なかなかウマい。
が、市販のスライスチーズがちょっと合わなかったのか、そのまま食べた方がずっと美味だった。
耳の香ばしさ、ほんのりコーンの甘さ、パルメザンチーズの香りが素晴らしい。
外はパイ生地を思わせるサクサク具合、中はふわふわ。
上に乗せてトーストするなら、あっさり系のピザ用チーズが合うかもねぇ。

それにしても、おそるおそる入れたパプリカ、どこ行ったんだろう(笑)
色づけかしら?


朝からマメに邪魔されていろいろ失敗しつつも、今は全粒粉と白ごまのパンを焼いている。
味が落ちる前にさっさと冷凍して、土曜日の朝、出張から帰って来たダンナちゃんに大量の種類のパンを一気に食わせてやるのだ!
極めつけは土曜日の朝、チョコレートとバナナのパンを焼き上がるようにしてやること。
大嫌いなバナナの香りで起きればいいさ。ほーほほほほっ。
ホワイトデーとブランジュリ タケウチ
2010年03月17日 (水) | 編集 |
今更。

13日、新聞に「明日はホワイトデー」みたいな記事があったので、そうか!と思い出して、ネット中のダンナちゃんに早速ふっかけてみた。

まきき「ホワイトデー、何くれるのん?」
ダンナ「え?え?え、え、えええ?」

動揺の仕方が面白かったので、本当は何も期待していなかったのに

まきき「最愛の嫁と娘から手作りケーキ(マメに食べられて、ダンナちゃんは1切れしか食べられなかった)をもらっておきながら、ひょっとして完全に忘れてた?」
ダンナ「そ、そ、そんなことないよ、何が欲しいかなぁ?と思ってー」
まきき「何でもいいけど?」
ダンナ「パティシエ~(お気に入りのケーキ屋さん)のケーキとか?」
まきき「うーん、それもいいけど、今ネットで検索してるブレッドナイフが欲しいんやろ?(パンを切るのはダンナちゃんの役割)」
ダンナ「じゃぁ、それで!」

結局、ウェンガーのナイフに決まった。
今は、波刃の刃渡り13センチのを使っているんだけど、パンには短くて。
トマトや肉が良く切れるんだ。
今日辺り25センチのが届く予定。

で。
一足先に何かが届いた。

・・・ホームベーカリーの本!!

ここでやっと、はめたつもりがはめられた!と気付いた。
ブランジュリ タケウチ の竹内さんが書いたレシピ本だった。
実はこのパン屋さん、ずっと気になってたんだよね。
すんごい食べたいと思っていたんだけど、場所は本町。
しかも朝売り切れたら閉店。。。3時に再びOPENして、夕方売り切れて閉店。
わざわざパンを買いに行くには遠いし、ダンナちゃんに昼休みに買ってくるように言うのは可哀想・・・って昼にはもう売り切れで閉まっているだろうし。
ダンナちゃんには一言も言ってなかった。

読んでみると、タイマーを使う食パンメニューばかりなので、毎朝焼きたてのパンが食べられると言うコンセプト。
なるほど、これはいい。
ネットで評判をみると、レシピ通りに厳密な分量でつくると、かなり・・・というか、その辺のパン屋さんよりもずっとおいしいパンが食べられるらしい。

しかーし、家にはない材料ばっかり。
あるのは国産強力粉と蜜柑のハチミツくらい。
無塩バター(無駄に高いよね)、脱脂粉乳、ショートニング、全粒粉、胚芽、生のピスタチオ、チョコレートパウダー、ココナッツファインetc、普段使わないだけに、買うのにハードルが高い食材が並んでいた。

てかさ、自分で食パンを焼いたら少しは節約になるかと思ったのに、これじゃぁ普通の食パンを買った方がずっと安いよね。


なんだかとてつもなく面倒だが、これはダンナちゃんから「作って」との闇のメッセージに違いない。
病気療養を理由に子供は保育園に預け、家事は料理しかしていない身。
そろそろ1年、療養の期限が切れる。
やるしかない。



・・・と言うことで、朝から材料を買い込んで来た(笑)
マヌカのはちみつ、セミドライトマトのオイル漬けetcマニアックな材料は無かったけど、これで数種類は作れる。
出張の間に、マメとパンを食べまくってマスターしてやるぜ。うしししし。

でもさ、家には2グラム単位の秤しかないんだな。
パプリカパウダー0.5グラムってどうやってきっちり量るんだ?(汗)
重力補正付き0.1グラム単位で計量できるデジタルスケールを追加で送って来い、と念じるべきか。
腐ったタオル
2010年03月16日 (火) | 編集 |
やられた。

アンパンマンバス(クッキーが入っていた車輪付きの缶)を数週間ぶり・・・数ヶ月ぶり?にマメが開けたら、中からタオルが出て来た。

もちろん、まともな状態ではない。
洗濯干しの最中にマメが親の目を盗んでかすめ取り、戦利品として宝物のようにこっそり詰めておいたらしい。
確かに、だーーーいぶ前の朝、不審な動きをしていた。
あの時か。。。

ただの白いタオルだし、捨てたい。
いや、でも物は大切にしないと。。。
漂白するかorz
うるさい
2010年03月15日 (月) | 編集 |
マメが朝からウザイ。
いちいち喋り過ぎ。

朝、起き抜けの私が裸足でいると、

マメ「かーちゃん、お星さまの靴下どうぞ(私の星柄のソックス)」
まきき「ありがとう。履くわな。」
マメ「ぐーーーっ!(私が足を入れて引き上げている)ぴっ!(履き終わってゴムがパチン)」
マメ「ぐーーーっ!ぴっ!(もう片方)」
まきき「履けたよ」
マメ「はけたなぁ、ちゃんとはけた?一人ではいた?」
まきき「ちゃんと一人ではいたよ。」
マメ「上手上手~。パチパチ!(拍手)」
まきき「ありがとう。。。」
マメ「靴下はいた?」
まきき「はいたよ、ほら。」
マメ「ほんとやー!スゴーイ!」
マメ「昨日靴下はいた?」

たかが靴下ネタが、永遠に続く・・・。
パンにバターを塗るのも、マメの効果音付き。
私がお茶を飲む時もイチイチ実況してくれる。
元気なのはいいことだが、ひたすら疲れる。。。。。。
術後検診
2010年03月11日 (木) | 編集 |
昨日何かが出て以来、陣痛は無い。
代わりに変な痛みがちょっとあるが、これが本来の痛みだと思われる。

医師によると、昨日出た物は「血の固まり」だそうだ。
それにしてはあの堅さ、納得いかないけど。
痛み止めを飲むと、子宮の収縮が弱まり、血の排出が遅れるらしい。
で、溜まった分がどばっと出る。
今日もちょっと血が溜まっているらしいので、その量が増えてくるとまた陣痛が来るかもしれない。
おかげで2週間後にまた再診となった。
そして、また2週間お風呂に入れない。
シャワーは可能なんだけど、マメをお風呂に入れながらシャワーって、(マメはシャワーがかかるのを極度に嫌うので)何の苦行かと思うくらいに寒い。
あの痛みには比べようもない程ちっぽけなマイナス点だけど。

とりあえず、痛みが治まってほっと一息。
うおぉー!何か出たぁっ!!
2010年03月10日 (水) | 編集 |
結局、昨日の昼間は余りの痛みにロキソニンすら効かず。
薬剤師の実母に2錠飲みたいと申し出ても却下され、泣く泣く耐えた。

夜になって、やっと効くようになった!
ところが、痛みが無くなるという効き方ではなく、陣痛自体が無くなると言う感じ。
子宮に血が溜まっているのに、それでいいのか?
夜中は眠れないので仕方が無いが、さすがにちょっと不安になって、今日の夕方に薬が切れたときには我慢した。
すると事件が。

7時半頃、どうにもおかしな痛みが出て来た。
便か?いや、この痛さは子宮口が開く痛さだ。なんで?
と思いながらも、便の可能性を捨てきれず、マメを放置してトイレに座る。
いきんでみる。
んー。やっぱり子宮口が開く痛みなんだよなぁ。。。なんて考えていると、その痛みが消えた瞬間、

ボテッ! ゴロゴロ。

便器に何かがぶつかる振動が!かなり大きいぞ!何???
トイレを覗くも、その時は既に尿のように大量の血液がだーーーっと出ていて真っ赤で何も見えず。
この大量出血が止まらないことさえ気にならないくらいに、何が出たのかが気になる。
しかし、いくら眺めても見えない。
手を突っ込む勇気はない。
キッチンの方でマメの致命的な声がしたので、諦めてトイレから出た。

5センチはあったよなぁ?レバーとかじゃなくって、思いっきり固体だったよなぁ・・・なんて考えているうちに、ナプキンが限界に来た気配が。
10分経たずにボトボト。
ここでやっと、出血の多さに気付く(笑)

とりあえず、超どデカイ夜用で誤摩化してマメを寝かしつけにかかる。
まだまだ出る出る血。陣痛もある。
病院に電話するべきかなぁ、、、なんて考えながらマメを寝かし終える。

と、出血も陣痛もあまり感じなくなっていた。
現在、謎のブツが出てから1時間10分くらい。
陣痛の痛みが、腰痛付きの生理痛並みに。
血もだらだら出ている感覚は無い。

あれは何だったんだ?
でも、あれほど辛かった陣痛が弱まって来たってことは、今まで私の体が必死で出そうとしていた物に違いない。
今更ながらに自然流産した気分。

妊娠期間が2ヶ月くらいで産むだけでいいなら、軽く10人は産めそう(笑)
出産よりも、つわりと臨月と新生児の世話がつらいのよねぇ。
あまりの激痛に
2010年03月09日 (火) | 編集 |
こりゃ、いくらなんでもおかしいとやっと気付いた。
昨日で子宮収縮剤は終わった。
これが陣痛なら、もう3人は産んでいる。

病院に電話してみた。
すぐに来るようにと言われた。

内診で「こりゃ痛むでしょうね~」と言われ、血液検査。
どうやら、子宮内に血が溜まって感染症を起こしかけているらしい。

待っている間は、脂汗をかきながら息も絶え絶え。
1時間かかってやっと診察が終わったら、、、院外処方。
当然なんだけど、一刻も早く痛み止めが欲しい身の上としては辛すぎる。
しかも当たり前のことながら、空腹は避けろと言われるしー。

とりあえず、売店でパンと水を買い、電車のホームで、
追加で処方された抗生剤、子宮収縮剤(涙)、痛み止め・・・を飲んだ。

ロキソニン、頑張れ!早く効いてこい!!!
陣痛についての考察
2010年03月08日 (月) | 編集 |
やっぱりかなり痛い。
午前中は楽なんだけど、午後から夜にかけてが地獄。
陣痛と同じ痛み。
まぁ、あの、マメの頭で押される骨がきしむ痛みがない分楽だけど。

出産の時は、無駄にいきむと旋回異常で子供が詰まるので、分娩まで絶対にいきまないように言われていた。
今回は産まれる物は何も無い。
そこで、出産時の疑問をすべて試してみることにした。
(↑痛過ぎて頭がおかしくなっている 汗)

1陣痛の波に合わせて思いっきりいきむのと、いきまないの、どちらが痛まないか。
→意外なことに、思いっきりいきむ方が1.5倍程痛い。

2あまりの痛みに息を止めるのと、頑張ってゆったり呼吸するのは、どちらが痛まないか。
→努力は必要だが、ゆったり呼吸していた方が痛みはマシ。

3思いっきり丸まると、痛みはマシなのか?
(妊婦の時は腹が邪魔で丸まりたいのに丸まれない)
→お腹を下にして足を曲げ、土下座のポーズでぎゅーっと小さくなってみた。
 余計に痛い。物凄く痛い。妊婦は丸まれなくて正解。

4痛みに合わせて「いいいたぁぁぁいいいいー」と長く叫ぶ(声を出す)のと、黙っているの、どちらが痛くないか。
→叫ぶ方が気が紛れる上、努力しなくても息を止めないので痛くない。
 体に余計な力も入りにくい。

結論。
ゆったりと息をしつつ、いきまないで思う存分「痛い」と騒ぐべし。

こんな状況の中、マメのお迎えとお風呂はありえないくらいに辛い。
それでもできちゃうんだから、母は強くなるもんだな。
腹痛
2010年03月07日 (日) | 編集 |
子宮収縮剤の為か、手術当日は超元気だったのに、翌日の昨日が辛かった。
12分間隔の陣痛と同じ痛みが1分間隔で来る。最悪。
それでもマメを産んだ後よりは痛くなかったけど(汗)
(マメに乳を吸われすぎて、子宮が2日でほぼ元のサイズに戻ったから涙が出る程痛かった。)
今回の内容物は3キロではなく数グラム。
その差の割には痛みの強さが似ていたことが、意外だった。

おかげさまで、今日はまぁまぁ痛いけど内膜症の時の重い生理痛くらいなので動ける。
久々にメシでも作るか。
マメの異変
2010年03月06日 (土) | 編集 |
夜マメの様子がおかしかった。
何が何でも私にへばり付いて来る。

寝かし付けでは、お腹の上に完全に乗って来る。
マメが重くて息苦しいのでちょっとずらすと、泣き叫んで抵抗する。

夜中に何度も何度も起きては、泣きながらお腹の上を目指す。
そして体の表面積のできるだけ多くを密着させようとしてくる。

術後なのに、こっちは眠れない(-_-;)

熱もないし、一体何を感じ取ったんだ?
母の腹に戻りたいのか?
マメよ、お前はずっと昔に自分から蹴り出て来たことを忘れたか?
今更戻ろうとすんなよ(-_-;)
妊娠の時は何も察知しなかったくせにねぇ。

朝起きてしばらくしたら、いつも通りに戻った。
手術
2010年03月05日 (金) | 編集 |
結局、朝には陣痛前の、あの尾底骨辺りがモゾモゾする感じが来た。

今日の超音波では、更に形が崩れてぐずぐずだった。
危ない危ない。

やっぱり全身麻酔は嫌いだ。
普通あんまり記憶に残らないそうなんだが、起きた瞬間が最悪。
まず息苦しい。
人工呼吸器付きの時も、今回のように浅くて自発呼吸の時でも。
ハァハァ必死で息をし、その後、体の危機に反応するかのようにガーーーッと暑くなって全身から汗が吹き出る。
そして激しい吐き気(-_-;)
何度もえずいて苦しみ、それに疲れて一度眠る。
…(私の場合即起きては繰り返すので手術室やら処置室やら廊下で苦しむ)で、最後にベッドの上で目覚めるのが、多くの人が麻酔が切れた瞬間と思う瞬間。
もちろんその時も気持ち悪いが、軽いツワリ程度で余裕(笑)

いつも、手術台的なものからストレッチャーに乗せられるところでガッツリ起きちゃうのよね(-_-;)

前回はまさにドラマでよく見る手術室で、目に無影灯が飛び込んで来るわ、まだ口に人工呼吸器ついてるわで、思わず暴れて再び麻酔を入れられた(-_-;)
次に目覚めたのも手術台の上だったが、かろうじて人工呼吸器は取り外されてた(笑)

それに比べたら今回は生命の危機は感じなかった。
息ができたから。
気持ち悪さは今回の方が上だったし、えずいた回数も多かったが、去年のめまい地獄で鍛えられたのが大きい。
去年の今日も同じ病院に入院してたっけ(-_-;)
人間、経験を重ねると限界値があがるのね。

でも…落ち着いた頃にベッドの上でゆったりと目覚めたいものだわ。

苦しむだけ苦しんだら、いつも通り嘘のようにあっさりと回復。
マメのお迎えに間に合う時間に帰れたよ( ̄ー ̄)
流産
2010年03月04日 (木) | 編集 |

ショッキングなので記事にしようか迷ったが、書くことにした。
どうせなら写真も。

心拍を確認できないまま、今日稽留流産と言われた。
卵胞の大きさは7週目で止まっていて、胎児はもう崩れてほとんど形が無くなっていた。
超音波では、卵胞の周りに既に黒い溝が出来て、体外に排出しようとナメクジのようにクネクネ動いていた。
(写真の卵胞の周りの黒い線)

いつ陣痛が来てもおかしくない…ってかもうお腹痛いでしょ?と聞かれるも、ちっとも痛くない。
陣痛→ショックを起こす程の大量出血が起きる場合があるので、決心できたら早めに手術するようにすすめられた。
諦められない人も多いらしいが、もう排出が始まっているので、医師からするともう絶対に成長する可能性はないらしい。
それでもその場で即…ってのは気持ち的に厳しくて、とりあえず月曜日に予約するも、お医者さん&看護士さんから

「ちょっとでもお腹が痛くなったり出血したら、土日でも夜中でもすぐに連絡してくださいね!!」

と何度も言われ、不安になる。
痛さについても「まさに陣痛です」と(-_-;)

月曜日からダンナちゃんが出張のこともあり、家に帰り着いてから電話して、やっぱり明日に変更してもらった。

7週頃と言えば、マメのヨウレンキン騒ぎの時。
そう言えば、ヨウレンキン感染が判明した夜、激しいめまいと吐き気に襲われる→しばらくしてめまいも吐き気もツワリも綺麗さっぱり消えた。
あれが分かれ目だったんだな。
人体って不思議だ。

寒い雨の中、40度超えのマメを抱っこで連れまわし、冷えもストレスも負担も大きかったのかもしれない。
ごはん作る余裕も食べる余裕もなかったもんねー。

自己主張が非常に弱く、ツワリも余裕だった。
ここ数日、もう動かなくなった女の子の夢を見た。
その前にも夢に出て来ていたが、非常にはかなげだった。
そう言えば鍼の先生が「女の子ですね」と呟いていたっけ。

今度はこの激しいマメに勝る生命力を育まねば…と思うと結構ハードルが高いな(-_-;)

そして、明日の手術もまた全身麻酔だ(-_-;)
あれ嫌いなんだよなー、いろいろと。
うまくいけば日帰り手術。
麻酔の醒める早さによるそうだ。

恐怖のオマル
2010年03月04日 (木) | 編集 |
(汚い話。注意)

マメが「お腹痛い-!トイレ!」と言った時に備えて、部屋の隅にオマルを待機させてある。
(トイレまでの数メートルがもたない)
こいつがくせ者。

私が遅れてお風呂から上がると、何かにつまずいた。
そして液体がこぼれる。
「何?」…と、そんな所にはないハズのオマル(◎o◯;)!!
しかも、空で置いておいたハズなのに、液体がたっぷり!!
まさか…まさか…アレか?
自分の想像を受け入れがたく、マメに問い質す。

まきき「オシッコした?」
マメ「したー」
まきき「いつ?」
マメ「きのー」

マメの「昨日」=「過去」。
お風呂の前か後にしたくさい(-_-;)

今までは、ほめて欲しくてすぐに報告して来たから良かった。
自分でスボンとパンツを脱ぐ→はくと、こっちとしてはオマルを使用したことに気付かない。
早急に対策を考えねばマジで危険だ(ノ`m´)ノ
彼氏?
2010年03月03日 (水) | 編集 |
口が達者な割に、人とのかかわり合いが下手なマメ。
今までは保育園の話をしても、先生の名前しか出てこなかった。
お友達は「おともだち」でひとくくり。

しかし、先週、やっとマメの口からお友達の名前が聞けた。

まきき「くるま来たな~、ブッブー」
  (↑マメが幼児語を話せないので今更ながら教えてみた 笑)
マメ「ブッブー好きなのコウタくん!」
まきき「他には保育園、誰がおるん?」
マメ「かずくん!しょうえいくん!」

・・・男の子の名前ばっかり(笑)
恐怖のアタマジラミ
2010年03月02日 (火) | 編集 |
数ヶ月前から、保育園に「注意!」と貼り出してあったシラミ。
ついにマメのクラスにも来た!!
病気と違って、予防できるわけでもなく、体力さえあればうつらないわけではない。
どんなに清潔にしていても、住み着かれたら最後だ。

今までは嘔吐下痢かトビヒが一番迷惑ないただきものだと思っていたが、こっちの方が嫌だな(-_-;)
マメがもらったら、私にも絶対うつるよ?
だって枕を並べて寝ている→乗っかられて寝ているんだもん。
しかも、シラミ様は超足が早いらしい。
そして、頭皮から離れて何日も生きているらしい(-_-;)

勝てる気がしない。
どうか、うつらない間に鎮静化しますように…。
ダメダメやわ
2010年03月02日 (火) | 編集 |
結局、昨日の午前中にマメを病院に連れて行き、登園許可証明なるものをもらった。
元気な元気なマメ。

ところが、1時半から3時間連続泣き泣き(-_-;)
転がしてもダッコしても泣き止まず。
大好物のチーズを与えるも、ため息混じりに口から出す。
その後

マメ「しんどい-痛い-」

とひ弱な声でメソメソ泣くので、熱を計ると39度2分。
あれあれと言う間に9度7分(-_-;)
様子がいきなりおかしくなり、意識が危なかったから、午前中に行った病院に電話して、痙攣止めの薬を入れる許可をもらって投入。
(ヨウレンキンにかかった金曜日に痙攣止めを入れるよう指示を受け、入れててから日にちがあまり開いていなかったから。)

しかーし、夜、診察後に心配した先生からお電話をもらった時には、既に嘘のように快復していた(-_-;)
熱は9度あったけど、起き上がって来て

マメ「かーちゃん電話?電話?マメちゃんもこんにちは言う-!」

と、纏わり付く。
先生苦笑。

ヨウレンキンで弱っているところに、何かに襲われたらしい。
ヘルパンギーナとか、ヘルペスとかの感染症にかかる可能性が高いから、朝になっても熱が下がらなかったら来院するように言われた。

が。今朝は元気。
ただ、昨夜ダイアップ(痙攣止め)を入れているので、フラフラ。
朝食を残したので、午後からまた発熱する可能性は残る。

昨日は泣かれ過ぎてストレスで、吐き気+めまいはするわ、食パン失敗して(羽根をセットし忘れた)悲惨な物ができるわ、夕食激マズだわ、最悪だったわよー(-_-;)
溶連菌来た---っ!!
2010年03月01日 (月) | 編集 |
金曜日、マメ発熱。
変な直感がしたので、お迎えの足で病院直行。
ヨウレンキン(-_-;)
ごくごく弱-い陽性反応が出た。

月曜日の朝の病院でOK出たら、その足で保育園行けるらしいんだけど…今朝パンを残すと言うありえない事態が起きたので、大事を取って夕方連れて行こうかと検討中。

熱は金曜日一晩で下がって、昨日調子に乗ってお散歩行ったらまた3時間程出て、今は超元気。
手に負えない、どうしよう(-_-;)